エラ削りをして小顔になろう|モデルのような顔になれる

欲しい輪郭を得られるエラ削り整形

エラのない小顔にする

男性ドクター

エラ削りは、手術で骨と筋肉を切除する方法が最も人気です。一度の整形で、効果が永久的に続くからです。エラのタイプによっては、手術よりも薬剤を注入するほうが効果があることもあるので自分のエラのタイプに合わせた治療を選ぶことが大事です。

もっと読む

顔が大きく見えるのは

鏡を持つ女の人

顔のエラが張っているのはあごの骨が張り出しているからです。エラ削りは口の中を切開するので、傷は見えません。術後はバンテージなどで固定し痛み止めを服用します。手術の際には咬筋や脂肪を除去する場合もあります。医師の技術や経験がものを言う手術なので慎重に選びましょう。

もっと読む

出っ張ったエラを削る手術

鏡を見る婦人

骨を削って小顔に

エラとは、顎から耳の下にかけてのフェイスラインで、最も出っ張った部分のことです。一般的にはエラは、ゆるやかなカーブを描いていますが、中には尖ったような状態になっている人もいます。また、全体的に大きく出っ張っているという人もいます。これらは、俗にエラが張っている状態と呼ばれています。エラが張っていると、その分顔が大きく見えてしまいます。たとえ目が大きくても、顔の面積が広いと、目の割合は少なめとなります。つまり、目が小さく見えてしまうということです。そのためエラが張っている人の多くが、美容外科でエラ削りという整形手術を受けています。エラの出っ張りの原因は、その部分の骨が発達しすぎていることにあります。そのためエラ削りは、骨を削るという方法でおこなわれます。骨を削れば削るほど、エラの張った状態は改善されていきますし、顔は小さく見えるようになっていくのです。施術後は、炎症による腫れが生じますが、徐々におさまっていきます。通常は2週間ほどで腫れは目立たなくなりますし、4週間ほどで完全におさまります。

頬の内側を切開

エラ削りは、一昔前はエラの真下の部分の皮膚を切開し、骨を露出させることでおこなわれていました。そのため施術後には、その部分には切開の跡が残ってしまっていました。つまりエラの張った状態が改善されても、傷跡という別の美容トラブルが発生していたのです。そのため現在では、それを回避する方法で施術されるようになっています。具体的には、口を大きく開いて、頬の内側を切開するという方法です。口の内部ですから、傷跡は大きな口を開けない限りは、人に見られることがありません。しかも施術後の腫れも、その部分を中心に生じることになります。つまり、外から見た場合に、それほど目立たないということです。このようにエラ削りでは、患者にとっての美容面でのリスクが少なくなるように、工夫が凝らされているのです。また、安全性を高めるための工夫もおこなわれています。全身麻酔をした上での施術となるので、痛みは生じません。さらに施術前には、X線撮影や心電図検査、血液検査といった健康チェックもしっかりと実施されるのです。

後悔のない小顔治療

笑う女性

現在、美容整形クリニックで行われている小顔治療には、複数の方法があります。ボツリヌス菌の注射やエラ削りなどがあり、それぞれにメリットがあるのが特徴です。多様なアプローチでエラのコンプレックスが解消できるとして、美容医療は人気を得ています。

もっと読む

永久に小顔にできる治療法

整形治療

日本には小顔願望の女性がたくさんいます。しかし西洋人とは骨格が違うので諦めている人も多いのです。今は整形技術の発達でエラ削りができるようになっています。エラを削ると顎にかけてのラインがシャープになって小顔になります。口の中を切開して手術をするので傷跡が隠せますし、永久に小顔になれます。

もっと読む

永久的に小顔になれる手術

頬を触る中年女性

小顔・細顔になりたい、女性らしい顔立ちになりたい人にお勧めなのが、美容整形外科での「エラ削り」という手術です。手術は口腔内を切開し、張り出しているエラを削るので傷跡は残りません。何よりその効果は永久的であり、小顔の効果も術後すぐに実感できます。手術は全身麻酔で行うので、術中の痛みもありません。

もっと読む