エラ削りをして小顔になろう|モデルのような顔になれる

レディー

永久に小顔にできる治療法

整形治療

進化している整形手術

日本の女性に多いのが小顔願望です。西洋人と東洋人では骨格が違うので自然とプロポーションも違ってくるのは当たり前のことですが、東洋には東洋の美しさがあって、西洋人の中には東洋人に憧れを持つ人もいます。中でも美容整形の世界では二重まぶたにするのが憧れだったのです。しかし今ではプチ整形によって誰でも簡単に二重まぶたにできます。小顔願望の場合は骨格という簡単に変えることができないハードルがあるので、未だに憧れとなっているのです。しかし今では小顔を実現できるまでに整形技術が進化しています。それがエラ削りです。日本人はエラの骨が張っている人が多く、それが余計に顔を大きく見せています。エラ削りをすることによって顎にかけてのラインをシャープにすることができます。それだけで小顔になるのです。エラ削りの特徴は、顔に傷を残さずに手術ができるという点です。奥歯の歯ぐきの上下を切開してエラ削りを行うので、外から傷が見えないように手術が可能となっています。

小顔願望が実現する喜び

かつてはハードルが高かった小顔の整形ですが、最近はエラ削りをする女性が増えています。人気の理由は傷跡が残らないことですが、実際に小顔になるという点が一番の理由です。ネットでよく知られているのはリンパマッサージですが、確かにむくみを取り除く効果はあります。しかしそれは厳密には小顔に見せるだけで、骨格的な面が小顔になるわけではありません。美容整形では実際に顔を大きく見せているエラを削り取ることによって、小顔を実現できるのです。しかもエラ削りによって獲得できる小顔は、永久的に自分の顔になります。プチ整形のように半年後に再手術といった心配はいらないので人気があります。ただし痲酔を必要とする手術なので、クリニックの選び方が大事になります。エラ削りの実績があるところを選ぶようにしましょう。手術後は腫れが出るので、1日か2日の入院が必要になります。医師が常駐しているクリニックならベストです。エラ削りをすることで小顔を目指せるだけでなく、柔らかい印象を与えられるようにもなります。長い間悩んでいるのであれば、まずは医師への相談から始めてみましょう。