エラ削りをして小顔になろう|モデルのような顔になれる

レディー

エラのない小顔にする

男性ドクター

手術で骨と筋肉を除去する

エラ削りは、手術を行い骨と筋肉を除去するという方法が人気です。一度の整形で永久的に小顔を維持することが出来るようになるからです。エラは、顔をより大きく見せ頑固で気の強そうなイメージを与えることも少なくありません。年を取ると、肌のたるみによってよりエラが目立って見えたり印象が強くなることも多いと言われています。そこで、エラ削りをすることで余分な骨や筋肉を除去します。エラの原因となるものを完全に除去するので、術後にメンテナンスなどが必要なく効果は一生持続します。基本的には、口の中から切開する手術であるため、外から見えるような傷跡がほとんどなく小顔にすることが出来ます。優しいイメージになるので、印象をもっと良くしたいという人にも適しています。エラ削りの治療には通常入院が必要になりますが、全身麻酔になるため痛みを感じることもなく術後に腫れや痛みが出るくらいになります。小顔になることで、体の全体的なバランスが良くなりスタイルも良く見えるようになります。

注射による治療も使われる

エラ削りは、根本的な治療には手術が行われますが、エラの状態によっては注射による治療が適しているという場合もあります。エラは、基本的に骨と筋肉で構成されていますが、骨の割合のほうが多く骨格がしっかりとしている部位です。そのため、エラが張っている場合は手術をしたほうが効果が出やすいです。しかし、筋肉の割合のほうが多く筋肉の厚みによってエラが張っている場合は、手術ではなく筋肉を弛緩させる薬剤を注入することで小顔に見せる方法が効果的です。その他にも、頬に保湿成分を注入することで頬に膨らみを出し、エラを目立たなくするという方法もあります。自分のエラのタイプがどのようなタイプなのかによっても選ぶ治療法が変わってくるので、事前にカウンセリングでよく相談したうえで治療法を決めることが大事になります。薬剤を注入する方法は、施術時間がかからず肌への負担も少ないのが特徴です。効果は一時的なものになりますが、継続して注入することで半永久的な効果が得られるでしょう。施術方法は一つではないので、自分にとって最適な治療法を選ぶことが何より重要です。