エラ削りをして小顔になろう|モデルのような顔になれる

レディー

永久的に小顔になれる手術

頬を触る中年女性

エラを削り小顔となる手術

近年、女性はもちろんのこと多くの男性も「小顔」になりたいという人が増加しています。その小顔、または細顔を手に入れたい場合、美容整形外科での「エラ削り」という手術が大変効果的です。そして女性らしい柔らかい顔立ちにしたい、男っぽい顔のラインを優しい印象にしたい、といった女性にもエラ削りはとてもお勧めの手術です。一般的に「エラ」と呼ばれる部分は、正式には「下顎角部」と言います。この下顎角部が張り出し、顔が四角くなってしまうことで顔の大きさが強調されてしまうのです。この下顎角部の張り出しを削り、顔の輪郭を丸く優しい印象にする手術が「エラ削り」なのです。下額角部を削る範囲は、個人の顔の輪郭によって大きく左右されます。張り出している部分をほんの数センチ削るだけで良い人もいれば、顎の先端まで広範囲に削らないと全体的なバランスが悪くなる場合もあるのです。手術時間は2時間前後が一般的です。初診当日に手術が可能な美容整形外科は殆どなく、手術日は初診日より3日以降が基本とされています。

エラを削る手術の方法

エラ削りの手術の前には、必ずコンピュータ画像での市シミュレーションを行います。この際に自身の理想の輪郭を医師にしっかり伝えることが大切です。その理想に沿って医師がエラを削る範囲を決定します。エラ削りの手術の方法ですが、まずは奥歯の歯茎の下を切開します。その切開部分より張り出しているエラと、エラ周囲の余分な筋肉を併せて削ります。口腔内からの手術の為に傷跡が残りません。手術は全身麻酔で行う為に、術中に痛みを感じることはありません。ただし術後は個人差もありますが、2週間から1ヶ月間前後は痛みと強い腫れが出ます。特に食事の際に痛みを感じやすいので、術後1週間前後は比較的柔らかいメニューを選んだ方が良いでしょう。全身麻酔を行う為、美容整形外科によって期間は異なりますが『3日前後』の入院が必要な場合が殆どです。そしてエラ削りの最大のメリットが、手術による小顔の効果は永久的である点です。また手術後すぐに小顔になったことを確認でき、術後すぐに効果を実感できる手術と言えます。施術料金は120万円から200万円ほどが平均とされています。